OPTiM®

ニュース

プレスリリース記載内容の一部訂正のお知らせ 2018.02.02

LINEで送る

2017年12月26日(火)に発表いたしました、「世界初、AI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布テクノロジーによる大豆の栽培に成功」のプレスリリースにおいて、記載内容を、以下のとおり一部訂正いたします。

●対象プレスリリース

2017年12月26日(火)発表
「世界初、AI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布テクノロジーによる大豆の栽培に成功」

●訂正内容
  • 「各圃場の5株を1検体として(合計2検体)、5農薬について検査」

    「各圃場の5株を1検体として(合計2検体)、4農薬(殺虫剤)について検査」
  • 「検査結果詳細」表から、「キザロホップエチル」の行を削除
●訂正理由

一般的に「農薬」と表現されるものには、「殺虫剤」や「除草剤」などさまざまな種類があります。今回ピンポイント農薬散布で散布したのは殺虫剤になるため、ピンポイント散布を実施した殺虫剤の残留成分の検出結果のみを記載するようにいたしました。
本訂正により、残留「殺虫剤」の検査結果の値は変更されません。よって、当社が発表したピンポイント農薬散布栽培方法の有用性は変わらないものとなります。

●訂正後プレスリリース

下記をご確認ください。
https://www.optim.co.jp/news-detail/25348

お問い合わせ