医療が抱える課題

  • 高齢者の
    増加
  • 専門医の
    人手不足
  • 医師の
    高齢化
    偏在化

日本の国民医療費は2012年の40兆円に対し、2030年には60兆円以上と試算されています。その背景には「高齢者の増加」「専門医の人手不足」「医師の高齢化」また「地域による医師の偏在化」「科学技術の進歩による高額医療機器の導入」など、現在、医療は様々な課題を抱えています。

2030年には60兆円以上と試算されている「高騰する日本の医療費」

日本の医療費推移予測

日本の医療費推移予測 出所:厚生労働省資料

オプティムは、IoT・AI技術を組み合わせ
医療が抱える課題を解決します。

オンライン診療サービス

患者と医師が、距離を超えて繋がる。

  • 医療格差
    解消
  • 来院機会損失
    削減
  • 予防医療への
    貢献

地域ごとの医療格差、仕事や育児、身体的事情などでの来院機会損失の課題に対して、スマホやタブレットで遠隔診療を行うことで継続的に受診でき、予防医療にも繋がり、生活習慣病有病者や介護者を減らすことが可能になります。また医師にとっては、往診における時間的・経済的負担を削減出来ます。

関連情報

ポケットドクター

在宅医療サービス

在宅患者をAIと病院が見守る。

  • 病床数
    減少の
    解消
  • 病室同様の
    安心感
  • 訪問診療の
    質の向上

平均在院日数の短縮化の流れに伴い、在宅医療の需要が高まっていますが、病院が十分な在宅医療を提供するには、負担は少なくありません。ウェアラブルデバイスやタブレット、AIのみが見守るカメラなどを用いて病室同様の安心感を在宅患者に提供し、在宅医療における医療従事者の負担を軽減します。

関連情報

Smart Home Medical Care

研究開発

医療資源の有効活用で未来型医療の提案。

  • 迅速な
    情報共有
  • 作業の
    効率化
  • 作業負担
    軽減

現在、医療の現場では専門医不足による過重な作業負担、診断能力のばらつきなど正確性低下や作業の遅延化が起こっています。これらの要因をIoT・AI(人工知能)・スマートデバイスといった最新のテクノロジーを活用して、迅速な情報共有、診断の質の向上、作業の効率化、作業負担軽減に貢献しています。

関連情報

メディカル・イノベーション研究所

医療画像診断支援AIプログラム

AIが医療を支える未来へ

  • 臨床の
    課題解決
  • 診療の
    精度向上
  • 企業の
    参入促進

医療機器AIプログラムの開発・利活用を加速させるため、AIプログラムメーカーと「AMIAS」を通じたパートナーシップの構築を推進し、AIを用いてオープンな画像診断支援の実現を目指します。医療現場のさらなる業務効率化や質の向上を「AMIAS」で、AIが医療を支える未来へ。

関連情報

AMIAS

画像解析サービス

AI+カメラで医療従事者の負担を軽減

  • 施設内の
    セキュリティ強化
  • 医師、
    看護師の
    業務効率化
  • 課題の
    見える化

カメラを活用して、医療機関・介護施設の状況を見える化し、施設内のセキュリティ強化や医療スタッフの業務効率化に貢献します。

関連情報

OPTiM AI Camera for Hospital

眼底画像診断支援システム

「眼底画像診断支援システム OPTiM Doctor Eye」は眼底検査※1で撮影された眼底画像を解析し、視神経乳頭陥凹(ししんけいに ゅうとうかんおう)※2領域を抽出して、その計測値を提供することが可能となります。​

※1眼底検査とは、硝子体・網膜・脈絡膜・視神経乳頭を撮影し、実際に医師が直接目で見るもしくは写真による観察を行う、眼科検査の一つ。​

※2視神経乳頭陥凹とは、視神経乳頭(網膜にある視神経の神経線維があつまり、眼球の外へ出ていく部分)がへこんでいる状態。​

関連情報

OPTiM Doctor Eye

医療は次のステージへ

オプティムは医療が抱える課題を
ITの力で解決します

導入検討・お問い合わせ