OPTiMが描く、
スマート農業。

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

スマート農業へのビジョン

課題が山積する日本の農業

高齢化・担い手の減少・所得の低下

日本の農業には数々の課題が山積しています。農業従事者の高齢化や担い手の減少、ノウハウの暗黙知化、所得の低下等、農業の持続性の確保が年々難しくなってきています。OPTiMはこれらの課題の解決を目指します。

スマート農業へのビジョン

課題解決の指標

作業負担を軽減。
生産性の向上。

OPTiMの情報管理サービスとCloud IoT OSによって圃場・ハウスを可視化し、収穫時期・収穫量を予測、生産性の向上へとつなげます。また、農作業記録支援、遠隔支援サービスで、作業負担軽減、技術伝承にも貢献します。

経費を削減。
品質の向上。

ドローンによるピンポイント散布やドローンの撮影画像からCloud IoT OSを活用したディープラーニング技術を用いて害虫を検知。農薬コストなどの経費削減、さらに減農薬などで品質の向上につなげます。

ブランド力と
利益の向上。

GAP水準を満たした農作物、Cloud IoT OSを活用して効率的で効果的に生育した減農薬野菜、さらにブロックチェーンでの高品質販売によって安心と信頼によるブランド力を高めて、利益の向上を促進します。

スマート農業の仕組み

OPTiMのスマート農業は、AI・IoT・ロボットを有効活用できるプラットフォーム
「OPTiM Cloud IoT OS」と連携しています。
あらゆる情報をデジタル化し、そのデータを元にAI分析のアプローチを繰り返し、コスト削減、利益向上につなげます。

詳しくはこちら

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

スマート農業ソリューション

圃場情報管理サービス

ドローンによる画像や、マルチスペクトルカメラを用いたNDVI、様々なフィールドのセンサー情報を融合し、高度な生育分析を実現するサービス。また、世界初となるドローン画像によるディープラーニング技術を用いた病害虫発見を実現。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ハウス情報管理サービス

ハウス内に設置された大量センサーの多変量解析と、クローラーの両側面に設置したスマートフォンで連続撮影した位置情報を含む画像データの解析から、トマト収量予測(個数カウント、収穫適期)を実施。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ロボティクスサービス

位置情報を含む分析用の画像データ収集を効率的に行う為、固定翼ドローン OPTiM Hawk、マルチコプタードローン OPTiM Agri Drone、陸上走行型ロボット OPTiM Crawlerを提供。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

農作業記録・GAP取得支援サービス

自動音声入力(イヤラブル対応)により、簡単に農作業記録を実践。GAP取得に必要な農作業情報をスマートフォンやタブレット、パソコン、どこからでも共有・確認が可能。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

遠隔作業支援サービス

Remote Experience Sharing構想を具現化する遠隔作業支援ソリューション「Optimal Second Sight」はスマートデバイスのカメラを活用することで、オペレーターの目があたかも現地にあるかのように、遠隔地からの作業の支援を実現します。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

スマート農業で栽培された野菜

AI・IoT・ロボットを使って栽培された野菜である「スマートやさい®」はIoTにより生育過程がトレースされた安心・安全な野菜ブランド。生産物の各プロセスの履歴を記録して、履歴に応じたコンテンツを提供するシステム。(特許取得済み:6123039)

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ブロックチェーンを活用した
トレーサビリティプラットフォーム

生育作業履歴、流通履歴、資材調達履歴などのトレーサビリティを最新の技術であるブロックチェーンを活用し、分散型DBで共通管理することにより、「オープン」「高効率」「高信頼」なサプライチェーンを実現。(特許取得済み:6123039)

アライアンスパートナーになる

スマート農業を実現する熱い未来志向の農家が、
様々なプロジェクトを通じて
「楽しく、かっこよく、稼げる農業」を実現するためのアライアンス

スマート農業を活用するための具体的なノウハウ、データを共有する

スマート農業により栽培された農作物の販売手法に関する研究

スマート農業を始める為のサポートを行う(販売など)

アライアンスパートナー応募フォーム

アライアンスパートナーへの応募は、以下のフォームをご利用ください。
必須項目は必ずご記入ください。

団体名(企業名など)
代表者名
都道府県
業種選択
取り組まれている作物
耕地面積
メールアドレス
電話番号 ※日中ご連絡可能な番号をご記入ください
備考
プロジェクトに参加しますか
希望するプロジェクト
※プロジェクトの詳細についてはこちら
※希望したプロジェクトに必ず参加できるわけではございません
利用規約
■オプティム・スマート農業アライアンス会員規約

オプティム・スマート農業アライアンス(以下「本アライアンス」という。)は、株式会社オプティム(以下「当社」という)と、当社の提供するAI・IoT・ビッグデータに関する技術・知見を活用して高効率で生産性が高い農業、無農薬、減農薬その他の方法による安全性の高い農業(以下まとめて「スマート農業」という)を推進することを希望する生産者等が、情報を共有し提携を推進することを目的として、当社が運営し、これに賛同する生産者等が参加する団体である。

オプティム・スマート農業アライアンス会員規約(以下「本規約」という)は、本アライアンスに参加する会員と本アライアンス、当社との合意内容を定めるものである。会員は、本規約の内容を確認し、これを承諾して本アライアンスに参加するものとする。

第1条(定義)

  1. 生産者
    農業その他1次産品の製造を自ら事業として行う者をいう
  2. 企業
    生産者が利用する農業機械の製造・販売その他の方法により、生産者を支援する法人をいう
  3. 大学
    スマート農業に関連する研究等を行う大学をいう
  4. 研究者
    大学等においてスマート農業に関連する研究等に従事する者をいう
  5. 支援団体等
    スマート農業の普及に関して、研究・開発の支援又は生産者の支援等を行う地方自治体、金融機関その他の団体をいう
  6. 会員
    本規約に基づき本アライアンスへの参加を認められた生産者、企業、大学、研究者、地方自治体等をいう
  7. 当社ソリューション
    スマート農業において用いられる当社のソフトウェア、ハードウエア、サービス等を総称する
  8. 個別プロジェクト
    本アライアンスの事業の一部として実施される、当社ソリューションを利用して実施される研究、開発、実証実験、製造、販売等のプロジェクトをいう
  9. スマートアグリフードプロジェクト
    当社ソリューションのうちドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクトをいう
  10. スマートデバイスプロジェクト
    当社ソリューションのうちスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクトをいう

第2条(本規約の適用範囲)

  1. 本アライアンスに関する事項については、本規約が適用される。本アライアンス内の個別プロジェクトについては、本規約の他、各個別プロジェクトに定める規約が適用される。
  2. 当社は、会員の承諾を得ることなく、当社が適当と判断する方法による会員への通知又はwebサイト上での掲示により、本規約を変更できるものとする。会員が通知受領後異議を述べない場合、規約の変更に合意したものとみなすものとする。

第3条(本アライアンスの運営)

  1. 本アライアンスの運営は、当社が行うものとする。
  2. 本アライアンスの運営に要する費用は、特に別途定める場合を除き、当社が負担するものとする。
  3. 会員は、本規約に定める範囲で、本アライアンスによる便益等を受けることができる。
  4. 当社は、当社の判断により本アライアンスを一時中断し、または終了させることができるものとする。

第4条(入会・参加)

  1. 本アライアンスへの参加希望者は、必要な会員情報を入力の上、本規約を承諾した上で、当社所定の方法により申込を行うものとする。
  2. 前項の申込を行った後、当社が承認した時点で、会員資格を得るものとする。

第5条(登録情報の変更の届出)

会員は、当社に届け出ている内容に変更が生じた場合には、速やかに当社に届け出るものとする。

第6条(会費)

本アライアンスへの申込及び参加に対する会費は生じないものとする。

第7条(提供サービス)

  1. 本アライアンス会員は次のサービスを受けることができる。
    1. 当社の提供する本アライアンスに関するwebサイトの閲覧その他の方法による当社からの情報提供及び会員の情報発信
    2. 会員サイトにおけるコミュニケーションへの参加
  2. 本アライアンスに関して会員に提供されるサービスは、その当時において当社が合理的に提供可能なものとする。
  3. 当社は、会員に事前の通知をすることなく、本アライアンスに関するサービスの内容の一部又は全部の変更、追加及び廃止をすることができる。なお、サービスの全部の廃止の際は、その1か月前にweb上にてその旨の掲示を行うよう努める。
  4. 前項に基づくサービスの内容の変更、追加及び廃止によって会員に損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負わない。

第8条(個別プロジェクトへの参加)

  1. 会員は、本アライアンスにおいて実施される個別プロジェクトに参加することができる。この場合、会員は参加を希望する個別プロジェクト毎に所定の手続により申込を行い、プロジェクトの責任者の承認を受けるものとする。
  2. 会員が個別プロジェクトに参加する場合、個別プロジェクト毎に定める規約に従うものとする。

第9条(ID及びパスワードの管理)

  1. 会員は、ID及びパスワードにつき適切な管理を行わなければならない。
  2. 会員は、ID及びパスワードを他者に利用させ、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等をしてはならない。
  3. IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害について、当社は一切責任を負わないものとする。
  4. 当社は、会員のID及びパスワードの管理において必要かつ合理的な処置をとることができる。

第10条(免責事項)

  1. 当社は、本アライアンスの内容、および会員が本アライアンスを通じて得る情報について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わない。
  2. 本アライアンスに関連して、会員が他の会員もしくは第三者に対して損害を与えた場合、又は会員が他の会員もしくは第三者と紛争を生じた場合、当該会員は自己の費用と責任で解決するものとし、当社は何等の責任も負わない。

第11条(知的財産権の保護等)

  1. 本アライアンスにおいて提供されたすべての技術的知見、ノウハウ等に関する権利はすべて当社に帰属するものとする。
  2. 会員は、当社の知的財産権を侵害してはならない。
  3. 会員は、本アライアンスにおいて得られた技術的知見、ノウハウ等に関して、当社の事前の承諾を得ることなく、知的財産権の申請・登録等を行ってはならない。

第12条(会員からの情報提供)

  1. 当社は会員に対し、本アライアンスに関連する事項について、会員に対し情報提供を求めることができる。この場合、会員は必要な情報提供を行うよう努めるものとする。
  2. 会員は、本アライアンスにおいて共有を求める情報を、当社に提供することができる。
  3. 当社は、当社が保有する情報及び当社が会員から取得した情報を、当社の判断により本アライアンスにおいて提供することができる。
  4. 当社は、本条第1項、第2項に定める情報その他本アライアンスに関し会員が提供する一切の情報につき、当社の判断に基づき自由に利用することができるものとする。また、会員が提供した情報に関し著作権が生ずる場合には、会員は当社に対し、当社が本アライアンスの目的の範囲で情報を複製、公衆送信、翻案その他の方法で利用することを無償にて許諾するものとする。

第13条(当社及びアライアンスによる情報の利用)

  1. 当社は、本アライアンスの運営に際し、下記の情報を取得する
    1. 登録時に会員が登録した住所、氏名(団体名)、代表者名、業種、栽培作物、耕地面積、メールアドレス、希望するプロジェクト等の情報
    2. 会員が当社または本アライアンスに提供した情報
    3. 個別プロジェクトの企画・立案において当社から会員に対して照会を行い取得する情報
    4. 個別プロジェクトにおいて会員が提供し、または個別プロジェクトにおいて会員が当社ソリューションを利用する際に当社が取得した情報
    5. その他、当社が本アライアンスの運営に関し取得した情報
  2. 当社は、前項の情報を次に掲げる目的に基づき利用する。
    1. 本アライアンスにおける会員へのサービスの提供
    2. 本アライアンスにおける会員へのサービス内容の改善
    3. 個別プロジェクトの企画、遂行のための情報収集
    4. 会員間での情報の共有
    5. 当社が本アライアンスの事業に関し提携する第三者との情報共有
    6. 統計情報としての収集・整理、統計情報の第三者への提供

第14条(個人情報の保護)

  1. 本アライアンスにおける個人情報の取扱いに関しては、当社プライバシーポリシーによるものとする。
    当社プライバシーポリシー:https://www.optim.co.jp/privacy
  2. 取得情報
    当社は、本アライアンスにおいて、次に掲げる情報を取得する。
    1. 会員が入会時に入力した、住所、氏名(団体名)、代表者名、業種、栽培作物、耕地面積、メールアドレス、希望するプロジェクト等の情報
    2. 会員が入会後に、当社からの求めに応じて提供した、本アライアンスに関連する情報
  3. 利用目的
    当社は、前項に掲げる情報を次に掲げる目的に基づき利用する。
    1. 本アライアンスにおける会員へのサービスの提供
    2. 本アライアンスにおける会員へのサービス内容の改善
    3. 個別プロジェクトの企画、遂行のための情報収集
    4. 会員間での情報の共有
    5. 個人が特定されないように加工した上での統計情報としての収集・整理、統計情報の第三者への提供
  4. 共同利用
    当社は、以下のとおり会員の個人情報を共同利用する。
    1. 共同して利用される個人情報の項目:本条第2項に掲げる情報
    2. 共同して利用する者の範囲:会員のうち共同利用者として当社が定める者
    3. 共同して利用する者の利用目的:前項に掲げる目的
    4. 利用者情報の管理について責任を有する者:当社
  5. 会員は、本規約の承諾により本条に定める個人情報の提供について承諾したものとする。会員が本規約承諾後個人情報の利用の停止を求める場合、速やかに第1項のプライバシーポリシーに定める窓口に連絡するものとする。また、会員は個人情報の提供を停止する場合、本アライアンスのサービスの全部又は一部が受けられなくなる可能性があることを予め承諾する。

第15条(禁止事項)

会員は、以下の行為を行ってはならない。

  1. 他の会員、第三者もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
  2. 公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を他の会員もしくは第三者に提供する行為。
  3. 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
  4. 事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為。
  5. IDおよびパスワードを不正に使用する行為。
  6. その他、当社が不適切と判断する行為。

第16条(秘密保持義務)

本アライアンスにおいて当社が会員に対して提供する情報について、会員は当社が特に明示する場合を除き、本アライアンスの会員以外の第三者に提供し、または公開してはならないものとする。但し、既に当社が本アライアンス以外の場面で公開している情報についてはこの限りではない。

第17条(競業避止義務)

  1. 会員は、本アライアンスの会員である期間及び会員資格の喪失後1年間、自ら、もしくは従業員、取引先その他の第三者を通じて、本アライアンスにおいて当社が提供する情報を利用し、当社が本アライアンスで提案しまたは実施する事業と競業する事業及びこれと類似する事業を行わないものとする。また、会員がかかる事業を行おうとする場合には、あらかじめ当社の書面による承諾を得なければならないものとする。
  2. 会員が前項の規定に違反し、当社及び会員が本アライアンスの目的となる事業を遂行することを妨害した場合には、当該会員は当社が被った一切の損害(得べかりし利益、弁護士費用等を全て含む)を賠償する責任を負うものとする。

第18条(会員資格の喪失)

会員は、下記の事由が生じた場合に、本アライアンスから退会するものとする。

  1. 自ら退会を申し出たとき
  2. 本規約の定めにより会員資格が取り消されたとき
  3. 本アライアンスが当社の判断により終了したとき

第19条(会員資格の取消し)

会員が以下の各号の一に該当する場合、当社は、当該会員の会員資格を取り消すことができる。

  1. 第10条に規定する行為を行った場合
  2. 虚偽の届出がなされた場合
  3. 第11条に基づく当社からの情報開示の求めに応じて頂けない場合
  4. 本規約の違反を含めて、会員として不適切と当社が判断した場合。

第20条(反社会的勢力の排除)

  1. 会員は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下「暴力団等」という)、には該当しないこと、及び次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証する。
    1. 暴力団等が経営を支配している又は経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    2. 自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団等を利用していると認められる関係を有すること
    3. 暴力団等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    4. 役員又は経営に実質的に関与している者が、暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 当社は、会員が前項の表明保証に反していることが判明した場合、又は、新聞報道をはじめとする報道により、会員が暴力団等若しくは前項各号のいずれかに該当することが報道された場合には、何らの通知催告なしに、期限の利益を喪失させ、かつ当該会員の会員資格を取り消すことができる。
  3. 本アライアンスに関連して、会員が第三者との間で契約を締結する場合において、当該契約の当事者又は代理若しくは媒介をする者が暴力団等あるいは本条1 項各号のいずれかに該当することが判明したときは、当社は当該会員に対して、契約の解除等必要な措置をとるように求めることができるものとし、当該会員がこれに従わなかった場合には、当社は当該会員の会員資格を取り消すことができる。

第21条(損害賠償)

会員が本規約に違反して本アライアンス、当社、他の会員に損害を与えた場合、その損害を賠償する責任を負う。

第22条(準拠法及び裁判管轄)

  1. 本規約を含め、本アライアンスに関連するあらゆる取り決めは、日本法に準拠し、同法に従って解釈されるものとする。
  2. 本アライアンスに関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第23条(協議事項)

本アライアンスに関連して会員と当社との間において、本規約に定めなき事項及び本規約の条文の解釈等について疑義が生じた場合には、誠意をもって協議の上、信義に則して解決する。

  • ※お申込み(お問い合わせ)への回答は目安として3営業日以内に返信させて頂いております。
    また、自動返信メールが届かない場合は、メールソフトの「迷惑メール」フォルダをご確認いただき、お手数ですが、再度ご応募ください。
  • ※弊社からのメールによる回答につきまして、無断転載および二次利用することを堅くお断りいたします。

それぞれの想い

農家・農業関係者のご紹介

株式会社イケマコ
池田大志様

AIを利用した農薬ピンポイント散布で、農薬使用量を大幅に削減できました。実の付き方や味は以前と変わりません。あんしん・安全で美味しい黒大豆をご賞味下さい。

石橋果樹園
石橋健一様

スマートグラスを使って農業習熟者による収穫適期の指示を遠隔で行えます。IoTによる栽培管理により安定した品質の最も美味しいみかんが提供できるようになりました。

佐賀県農家 永尾産ち
永尾真治様

カメラを搭載したクローラーでハウス内のトマトを検出し個数をカウント。これによって収穫に必要なスタッフを配置可能となり、最高の状態のトマトを購入頂けます。

柿のミズオ 水尾成様
株式会社パーシテック 水尾学様

先祖から受け継ぐ柿農園を次世代へ継承する為“勘と経験“の世界を見える化が急務である。そこで、スマートグラスでの遠隔指導/ドローンによる作業確認・育成観察/各種センサーデーターからの分析など、スマート化を進めています。

佐賀県茶業試験場
宮崎秀雄様

「スマートやさい」は、生産の過程を映像も含めてデータとして消費者に見てもらえるのは、あんしん・安全の確認をしていただくという意味で非常に良い事ですね。

もっとくわしく

動画のご紹介

IT農業の取り組み

佐賀大学農学部、佐賀県生産振興部、オプティムが農業IT分野での、IoT・ドローン・ネットワークカメラ・ウェアラブルデバイスなどを利用した三者連携協定を締結。世界No.1となるIT農業の実現を目指していきます。

AI・IoT包括連携協定

佐賀県ならびに株式会社オプティムは、このたび2018年の明治維新150年を契機とし、「第4次産業革命を“佐賀”から」をスローガンに「AI・IoT包括連携協定」を締結いたしました。佐賀をAI・IoT活用の“トライアルフィールド”として位置づけ、両者が持つ資源や知識、ノウハウを活用し、AI・IoTの活用を進めて参ります。

スマートやさい

野菜の生産から消費まで、すべての工程を可視化、共有し、「安全、あんしん」を消費者に伝えることで、やさいのブランド化、マーケティングを行うことができるプラットフォーム。IoTで世界No.1の安心、安全、おいしい農作物をお届けすることを目指します。

OPTiM AGRI DRONE

農作業の負荷を減らし、質を高める自動飛行機能を搭載したドローンです。上空から農地をデジタルスキャニングしてデータの蓄積、蓄積されたビッグデータを解析して病害虫の早期発見や生育管理を手軽に行うことが可能です。

ドローン活用10のポイント

株式会社オプティム ドローン開発チームがお伝えする「これだけは押さえておきたい!ドローン活用10のポイント」

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ