OPTiMが描く、
スマート農業。

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

スマート農業へのビジョン

課題が山積する日本の農業

高齢化・担い手の減少・所得の低下

日本の農業には数々の課題が山積しています。農業従事者の高齢化や担い手の減少、ノウハウの暗黙知化、所得の低下等、農業の持続性の確保が年々難しくなってきています。OPTiMはこれらの課題の解決を目指します。

スマート農業へのビジョン

課題解決の指標

作業負担を軽減。
生産性の向上。

OPTiMの情報管理サービスとCloud IoT OSによって圃場・ハウスを可視化し、収穫時期・収穫量を予測、生産性の向上へとつなげます。また、農作業記録支援、遠隔支援サービスで、作業負担軽減、技術伝承にも貢献します。

経費を削減。
品質の向上。

ドローンによるピンポイント散布やドローンの撮影画像からCloud IoT OSを活用したディープラーニング技術を用いて害虫を検知。農薬コストなどの経費削減、さらに減農薬などで品質の向上につなげます。

ブランド力と
利益の向上。

GAP水準を満たした農作物、Cloud IoT OSを活用して効率的で効果的に生育した減農薬野菜、さらにブロックチェーンでの高品質販売によって安心と信頼によるブランド力を高めて、利益の向上を促進します。

スマート農業の仕組み

OPTiMのスマート農業は、AI・IoT・ロボットを有効活用できるプラットフォーム
「OPTiM Cloud IoT OS」と連携しています。
あらゆる情報をデジタル化し、そのデータを元にAI分析のアプローチを繰り返し、コスト削減、利益向上につなげます。

詳しくはこちら

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

スマート農業ソリューション

圃場管理サービス

ドローンやスマートフォンで撮影した圃場や農作物の画像をAIを用いて分析し、異常検知箇所を表示するなど、作物の効果的な生育管理を可能にするサービスです。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ハウス管理サービス

ハウス内に設置したセンサーから、環境データを収集し多角的に分析できます。スマートフォンで撮影した動画データの解析、作物の収量・収穫期予測、病害虫リスクの診断を可能にするサービスです。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ドローンパイロットシェアリングサービス

ドローン操縦の熟練者であるプロフェッショナルパイロットに作業依頼を行える場を提供しており、農薬散布をはじめ、圃場調査や作物の生育状況把握といった作業を簡単かつスムーズに依頼する事ができます。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

営農支援サービス

音声で農作業記録をとったり、その状況を管理者と作業者が共有したりすることができる農作業負荷の軽減を実現する支援サービスです。さらにイヤラブルデバイスを活用することで、ハンズフリーでアプリの操作やリアルタイムでの農作業記録を実施することも可能です。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ロボティクスサービス

スマート農業のにおける広域な見回り作業(圃場スキャン)や分析用の画像データ収集(生育状況モニタリング)による人的コストの削減、ピンポイント農薬散布を行うために使用するドローンを用いたサービスを提供します。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

スマート農業で栽培された野菜

AI・IoT・ロボットを使って栽培された野菜である「スマートやさい®」はIoTにより生育過程がトレースされた安心・安全な野菜ブランドです。生産物の各プロセスの履歴を記録して、履歴に応じたコンテンツを提供するシステムです。(特許取得済み:6123039)

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

遠隔作業支援サービス

Remote Experience Sharing構想を具現化する遠隔作業支援ソリューション「Optimal Second Sight」はスマートデバイスのカメラを活用することで、オペレーターの目があたかも現地にあるかのように、遠隔地からの作業の支援を実現します。

詳しくはこちら

スマート農業ソリューション

ブロックチェーンを活用した
トレーサビリティプラットフォーム

生育作業履歴、流通履歴、資材調達履歴などのトレーサビリティは最新技術であるブロックチェーンを活用。分散型DBで共通管理することにより「オープン」「高効率」「高信頼」なサプライチェーンを実現します。(特許取得済み:6123039)

詳しくはこちら

スマート農業アライアンス

スマート農業を実現する熱い未来志向の生産者様と、
様々なプロジェクトを通じて
「楽しく、かっこよく、稼げる農業」を実現するためのパートナーシップです。

スマート農業を活用するための具体的なノウハウ、データを共有する

スマート農業により栽培された農作物の販売手法に関する研究

スマート農業を始める為のサポートを行う(販売など)

詳しくはこちら

それぞれの想い

農家・農業関係者のご紹介

株式会社イケマコ
池田大志様

AIを利用した農薬ピンポイント散布で、農薬使用量を大幅に削減できました。実の付き方や味は以前と変わりません。あんしん・安全で美味しい黒大豆をご賞味下さい。

石橋果樹園
石橋健一様

スマートグラスを使って農業習熟者による収穫適期の指示を遠隔で行えます。IoTによる栽培管理により安定した品質の最も美味しいみかんが提供できるようになりました。

佐賀県農家 永尾産ち
永尾真治様

カメラを搭載した陸上走行型ロボットでハウス内のトマトを検出し個数をカウント。これによって収穫に必要なスタッフを配置可能となり、最高の状態のトマトを購入頂けます。

柿のミズオ 水尾成様
株式会社パーシテック 水尾学様

先祖から受け継ぐ柿農園を次世代へ継承する為“勘と経験“の世界を見える化が急務である。そこで、スマートグラスでの遠隔指導/ドローンによる作業確認・育成観察/各種センサーデーターからの分析など、スマート化を進めています。

佐賀県茶業試験場
宮崎秀雄様

「スマートやさい」は、生産の過程を映像も含めてデータとして消費者に見てもらえるのは、あんしん・安全の確認をしていただくという意味で非常に良い事ですね。

もっとくわしく

動画のご紹介

IT農業の取り組み

佐賀大学農学部、佐賀県生産振興部、オプティムが農業IT分野での、IoT・ドローン・ネットワークカメラ・ウェアラブルデバイスなどを利用した三者連携協定を締結。世界No.1となるIT農業の実現を目指していきます。

AI・IoT包括連携協定

佐賀県ならびに株式会社オプティムは、このたび2018年の明治維新150年を契機とし、「第4次産業革命を“佐賀”から」をスローガンに「AI・IoT包括連携協定」を締結いたしました。佐賀をAI・IoT活用の“トライアルフィールド”として位置づけ、両者が持つ資源や知識、ノウハウを活用し、AI・IoTの活用を進めて参ります。

スマートやさい

野菜の生産から消費まで、すべての工程を可視化、共有し、「安全、あんしん」を消費者に伝えることで、やさいのブランド化、マーケティングを行うことができるプラットフォーム。IoTで世界No.1の安心、安全、おいしい農作物をお届けすることを目指します。

OPTiM AGRI DRONE

農作業の負荷を減らし、質を高める自動飛行機能を搭載したドローンです。上空から農地をデジタルスキャニングしてデータの蓄積、蓄積されたビッグデータを解析して病害虫の早期発見や生育管理を手軽に行うことが可能です。

ドローン活用10のポイント

株式会社オプティム ドローン開発チームがお伝えする「これだけは押さえておきたい!ドローン活用10のポイント」

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ