OPTiM®

INFORMATION

お知らせ

2014.07.01お知らせ

「Optimal Biz」バージョン 7提供開始のお知らせ

このたび、オプティムは国内シェアNo.1※1 MDM※2 「Optimal Biz for Mobile」を「Optimal Biz 7」にバージョンアップし、2014年6月30日より提供開始いたしました。今回のバージョンアップでは、企業のモビリティ管理を包括的に実現するEMM※3(Enterprise Mobility Management)に生まれ変わります。従来のMDMに加え、MAM※4、MCM※5、基幹システム、業務アプリの全てを連携したEMMプラットフォームとして、『セキュア』かつ『シンプル』に企業でのモバイルデバイス活用を実現いたします。

今回のバージョンアップに伴う新機能は以下の通りです。

■「Optimal Biz」バージョン7の新機能
<機能>
機器タブ内マトリクス表示
<概要>
・機器の一意性を連想させ、機器の状況も一度に把握できる表形式表示に対応します
・機器画面の一覧性・操作性を向上します
<対応OS>
全て

<機能>
Active Directory®連携
<概要>
・Active Directory®上に登録されているユーザー情報や組織情報をOptimal Bizに取り込み、連携します
・ユーザー情報の一元管理が可能になり、運用負荷を軽減します
<対応OS>
全て

<機能>
ユーザーIDによるライセンス認証
<概要>
・Optimal Bizに登録されたユーザー情報でライセンス認証できます
・機器に紐づくユーザーを特定し、管理することが可能です
<対応OS>
全て

<機能>
ユーザー別機器数上限指定
<概要>
・ユーザー毎に、ライセンス認証可能な機器の上限数を設定できます
・意図しないライセンスの利用消費を防ぎます
<対応OS>
全て

<機能>
所属組織の設定自動適用
<概要>
・端末がライセンス認証すると同時に、組織の設定が適用されます
・認証後の設定適用が不要なため、管理者負担を削減できます
<対応OS>
全て

<機能>
アプリ配信機能拡張(VPP対応)
<概要>
・AppStore上の有料アプリを管理対象アプリとして配信できます
・アプリのライセンスを購入後、ユーザーに一括で付与できます
<対応OS>
iOS
(※iOS7~対応)

<機能>
iOSエージェントでのポータル操作
<概要>
・設定でSafariを禁止した場合でも、ポータル機能を利用できます
・認証・機器情報の設定・変更、アプリ配信機能が利用できます
<対応OS>
iOS

<機能>
アプリケーション配信
<概要>
・端末にMSIファイルを配信し、インストールの自動実行を行います
・端末導入・運用時の設定作業の負荷を軽減できます
<対応OS>
Windows®

<機能>
ソフトウェアライセンス過不足検知
<概要>
・Microsoft® Office製品のライセンス情報を管理サイトで集計します
・ライセンス数の過不足を認識でき、無駄をなくします
<対応OS>
Windows®

<機能>
Internet Explorer自動更新設定
<概要>
・『Internet Explorerを自動更新しない』設定ができます
・自動更新による弊害(利用中システムの不具合等)を防止できます
<対応OS>
Windows®

<機能>
Optimal Biz Docs
<概要>
・MCMのクライアントアプリ(Windowsストア版・AndroidTM版)を無償で提供します
・社内資料をユーザー間で簡単・安全に共有可能です
<対応OS>
Windows®
(※Windows 8.1®~対応)
AndroidTM

<機能>
Zone Management
<概要>
・SSID・時間・位置情報(GPS)でポリシー切り替え制御を行います
・AndroidTM:時間・位置情報(GPS)、Windows®:時間 に新規対応します
・ゾーンやシーンに合わせて端末の設定を自動で切り替えます
<対応OS>
Windows®
AndroidTM

<機能>
Optimal Biz Gadget
<概要>
・企業ブランドを意識したオリジナル画面をアプリとして提供します
・公私を明確に住み分けでき、利便性が向上します
<対応OS>
AndroidTM

Optimal Biz 製品ページ:
https://www.optim.co.jp/products/biz


※1 出典:2013年11月発刊調査報告書「ITR Market View :エンタープライズ・モバイル管理市場/スマートアプリ開発市場2013」。
※2 MDM:Mobile Device Management(モバイルデバイス管理)の略。モバイル端末の管理やセキュリティをサポートし、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策、リモートロック、アプリケーションの起動禁止等を行う企業向けサービス。
※3 EMM:Enterprise Mobility Management(企業モビリティ管理)の略。MDM・MAM・MCM(デバイス・アプリケーション・コンテンツ)の包括的なセキュリティ管理機能を提供するプラットフォーム。
※4 MAM:Mobile Application Management(モバイルアプリケーション管理)の略。モバイル端末で利用する業務アプリケーションを統合管理する企業向けサービス。
※5 MCM:Mobile Contents Management(モバイルコンテンツ管理)の略。モバイル端末に対して社内資料等のファイルを安全に共有するための企業向けソリューション。


【Copyright・商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ Active Directory ®, Windows 8.1® , WindowsストアはMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ AndroidTMはGoogle Inc.の商標です。
※ App Store, iPhone、iPad、iPod touch, Safariの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※ iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※ 本ニュースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
LINEで送る