OPTiM®

競争的資金等の不正防止に関する基本方針

株式会社オプティム(以下、「当社」という。)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に基づき、関係府省から配分される競争的資金を中心とした公募型の研究資金(以下、「競争的資金等」という。)について不正防止を図るため、競争的資金等の運営・管理に関する基本方針を定め、不正使用の防止に努めてまいります。

1. (責任体系の明確化)
当社は、競争的資金等を適正に管理するために、責任体系を以下のように定めます。
最高管理責任者 代表取締役社長 全社を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負います。
統括管理責任者 管理担当取締役 最高管理責任者を補佐し、競争的資金案等の運営・管理について全社を統括する実質的な責任と権利を持ちます。
コンプライアンス
推進責任者
研究を管轄する取締役又は執行役員 各本部における競争的資金等の運営・管理について実質的な責任と権限を持ちます。
2. (ルールの明確化・統一化)
当社は、競争的資金等の運営・管理に関わる役員、従業員の権限及び職務を明確に定めるとともに、競争的資金等に関する統一的な事務処理のルールを定め、競争的資金等の運営・管理に関わる役員、従業員に対し周知・徹底を図ります。
3. (関係者の意識向上)
当社は、競争的資金等の運営・管理に関わる役員、従業員に対して、競争的資金等の受領・使用にあたってのルールや会社の事務処理のルール、不正防止の仕組み等をコンプライアンス教育で周知し、意識の向上に努めます。
4. (不正防止計画の策定・実施)
当社は、競争的資金等の不正使用を未然に防止するため、不正防止計画を策定し、実施します。
5. (競争的資金等インシデントの対応)
当社は、万一、競争的資金等のインシデントが発生した場合、当該者に厳正な処分を行うと共に、不正使用を行った原因究明を行い、再発防止に向けた、予防及び維持改善に努めます。また、不正な取引に関与した取引企業に対しては、取引停止等の措置を行います。
6. (モニタリング)
当社は、競争的資金等を適正に執行するために、発注・検収・支払等の実施状況及び会計書類の確認、物品の実査等の必要な対策を行います。
7. (相談・通報窓口)
当社は、競争的資金等の使用に関するルール等について、当社内外からの相談、不正の疑いの指摘、通報を受け付けるための窓口を以下のように定めます。

相談・通報窓口
株式会社オプティム 競争的資金等の相談・通報窓口
メールアドレス:

8. (競争的資金等の不正防止の継続的見直し)
当社は、競争的資金等の不正防止のため、本基本方針及び関連する社内ルール、管理体制を定期的に見直し、改善を図ってまいります。
付則 
本基本方針は2019年1月29日に制定しました。

株式会社オプティム
代表取締役社長 菅谷 俊二