OPTiM®

Optimal Guard 機能一覧

機能 説明
盗み見対策 画面の表示内容やキーボード操作が記録される事を検知し、通知します。 ユーザーの意図しないものである場合、そのプログラムを無効化し、不正な第三者への送信を防止します。
遠隔操作監視 遠隔操作攻撃を防ぐため、パソコン画面の表示内容の記録や遠隔操作が行われようとしたタイミングでユーザーに通知します。 ユーザーの意図しないものである場合、そのプログラムを無効化し遠隔操作攻撃を防止します。
なりすまし書き込み防止 インターネットへの書き込み内容を監視し、不適切な内容であれば通知します。 ユーザーの意図しない書き込みである場合、書き込みを防止します。
通信・プログラム履歴の保存 通信先の履歴とプログラム起動・終了の履歴を記録し、遠隔操作を行う不正プログラムが自己削除機能を持っていた場合でも、記録を残して後日検証できるようにします。
  1. 盗み見対策

    画面の表示内容やキーボード操作が記録される事を検知し、ユーザーに通知することで不正な第三者への送信を防止します。

    Malicious Remote

    パソコンに侵入したウイルス(不正プログラム)は、画面の表示内容やユーザーが入力した文字を記録し、悪意のある第三者(犯人)にその文字列を送信します。「Optimal Guard」は画面の表示内容やキーボード操作が記録される事を検知し、通知します。

    盗み見対策

    Malicious Remote
  2. 遠隔操作監視

    パソコン画面の表示内容の記録や遠隔操作が行われようとしたタイミングでユーザーに通知することで遠隔操作を防止します。

    Keylogger

    パソコンに侵入した遠隔操作ウイルス(不正プログラム)は、画面の表示内容を悪意のある第三者(犯人)に送信します。第三者(犯人)は、その画面の表示内容を元に遠隔操作を行います。「Optimal Guard」は遠隔操作ウイルスが画面の表示内容が記録される事や、遠隔操作が行われる事を検知し、通知します。

    遠隔操作監視詳細

    Malicious Remote

    ウイルスがキーロガーを行おうとしたことを検出して無効化を行います。

  3. なりすまし書き込み防止

    インターネットへの書き込み内容を監視し、不適切な内容であれば通知します。

    CSRF

    ユーザーが訪問した掲示板上に記載された、悪意のあるリンクをクリックすると、不正なプログラム(不正なJavaScript)が実行され、ユーザーが意図しない書き込みが行われます。 「Optimal Guard」は不適切な書き込みが行われるかを自動で監視し、ユーザーの意図しない書き込みを防止します。

    なりすまし書き込み詳細

    Malicious Remote

    掲示板への書き込みを監視して、一般的に利用されない不適切なキーワード、文章の長さの場合に不正書き込みとして検知・制御します。

  4. 通信・プログラム履歴の保存

    通信先の履歴とプログラム起動・終了の履歴を記録することで、後日検証できるようにします。

    Packet Log

    通信・プログラム履歴の保存

    Malicious Remote

Optimal Guard 動作環境

動作環境
OS Microsoft Windows 7 SP1(Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate)
Microsoft Windows 8.1(Windows 8.1 / Windows 8.1 Pro / Windows 8.1 Enterprise)
Microsoft Windows 10(Home / Pro / Education / Enterprise)
※上記Windows OSは日本語版の32bitと64bitに対応
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB以上
HDD 空き容量 100MB以上
ブラウザ― Internet Explorer 11
※ブラウザー上で動作する機能は「なりすまし書き込み防止」のみとなります
その他 インターネットに接続されていること(HTTP・HTTPS通信が可能なこと)

お問い合わせ

Amazonで販売中
Web販売開始
1年版 ダウンロード販売はこちら
3年版 ダウンロード販売はこちら