INTELLECTUAL-PROPERTY

IPインフォメーション

2022.08.05IPインフォメーション

PDFファイルはこちら

農作物収穫時期・収量予測システム特許について

■農作物収穫時期・収量予測システム特許について

  • 特許番号:6999223(日本)
  • 出願日:2018年7月31日
  • 登録日:2021年12月24日(日本)
  • 発明概要:
    レーンを撮影した映像・画像から、認識した農作物の熟度を判定し、熟度とレーンにおける環境データ(温度・日射量など)を組み合わせ、AIが適切な収穫時期・収穫量を予測する特許です。
    本特許を活用することで、ハウス栽培がおこなわれている農作物(トマト・ナス・イチゴ・ぶどう・メロン等)の収量や収穫時期を知ることができるため、農作物の品質安定化や収穫に適切な人員の調整ができ、営農計画の最適化を図ることができます。

■特許活用例:ハウス管理サービス「Agri House Manager」

ハウス管理サービス「Agri House Manager」とは、ハウスなどで栽培された作物を管理・分析を行うサービスです。ハウスに設置されたセンサーが集計したデータと、スマートフォンやネットワークカメラ、陸上走行型ロボット「OPTiM Crawler」などで撮影した画像データをAIを用いて解析し、作物の収量予測(個数カウント、収穫適期判定)を行います。

■IPインフォメーションとは?

オプティムでは、創業当初からイノベーションを起こし、独自技術を搭載した製品サービスを知財で保護することによって新市場や新顧客を開拓してきました。このような背景から、「イノベーション活動の成果は知財である」という考えが根づいています。

そして、一貫した知財戦略のもとに事業活動を展開するため、知財戦略チームを中心とした知財管理体制を構築し、イノベーション活動に取り組んでおります。

そのような中で、オプティムが保有する特許について、その内容と活用例、活用イメージを「IPインフォメーション」という形で定期的に分かりやすく紹介していきます。