新次元の「低価格」と「簡単さ」の融合

スマート地上型レーザースキャナー
「OPTiM Geo Scan Advance」

~高精度な「長距離3次元測量」を誰もが手にできる時代に~

OPTiM Geo Scan Advanceとは

「OPTiM Geo Scan Advance(以下、GS Advance)」は、高度な長距離3次元測量がスマホで誰でも簡単にできる地上型レーザースキャナーです。

従来の地上型レーザースキャナーによる煩わしい専門的な作業はございません。

製品イメージ
OPTiM Geo Scan Advanceの製品イメージ

特長1:圧倒的な「低価格」 地上型レーザースキャナーの相場価格の約1/30でのご提供

市場流通している地上型レーザースキャナーの価格は
約800万円から1,000万円以上と非常に高価です。

「GS Advance」は、「全ての現場でご活用いただきたい」という願いを込めて
333,000円(税抜)でご提供いたします。
※1年間限定のキャンペーン価格です。キャンペーン詳細はこちら

地上型レーザースキャナー
800〜1,000万円

100万円で3台購入可能!
33万円

特長2:新次元の「簡単さ」で高精度測量 誰でも・広範囲を・高精度でスグできる!

傾きを検知する装置(IMU)を搭載し
測量する際に水平を出すなどの
煩わしい専門的な操作は一切不要で、

従来の地上型レーザースキャナーとは
比較にならないほど
手軽に長距離の3次元測量が可能です。

その他特長

  • 専門的で煩わしい作業は
    一切なし

    測量時に行う水平だしや
    評定作業が不要です。

  • 広範囲の測量が
    5分以内に完了

    わずか数ステップの操作で
    35mの範囲を5分以内で測量が可能です。

  • 国土省の要領に準拠した
    高精度測量

    国土交通省の出来形管理要領で定められた精度検証において、
    精度な検証結果が得られております。

ユースケース

地上型レーザースキャナーの代替として利用できる現場

  • 大規模、高さや勾配のきつい 法面などの土工事現場
  • GNSSの衛星電波が入りづらい 中間山地、都市部
  • 土砂崩れ等の 災害現場

今後の活用に向けて検証中の現場、用途

  • 高さのある構造物 橋梁、ビル、電柱
  • アクセスの困難な現場 トンネルの掘削など
  • 法面のコンクリート構造部などの 寸法測量

3次元点群データの事例

  • 法面の3次元点群データ
    勾配のきつい
    法面
  • 橋梁、橋脚の3次元点群データ
    橋梁
    (高さのある構造物)
  • トンネルの3次元点群データ
    トンネル

GS Advanceの構成

GS Advanceはアプリケーション並びに専門ハードウェア、
その他必要機材で構成されています。

これらを組み合わせることで、GS Advanceをご利用いただけます。

  • iPhone12~15のPro/ProMaxをご利用いただけます
  • 別途購入が必要です。定芯桿は細萓(5/8インチ)です

キャンペーン概要

限定価格 333,000円
限定価格期間 2023年5月24日(水)~2024年5月31日(金)
提供条件 「Geo Scan」1年間ライセンスのご契約につき、「GS Advance」専用ハードウェア1台をご購入いただけます。
提供内容 「GS Advance」専用ハードウェア

※ なお、キャンペーンは期間途中でも終了する可能性がございます