ロボティクスサービス

OPTiM Drone

位置情報を含む分析用の画像データ収集を効率的に行う「固定翼ドローン OPTiM Hawk」「マルチコプタードローン OPTiM Agri Drone」「陸上走行型ロボット OPTiM Crawler」を提供。

OPTiM Drone

農業用ドローン

OPTiM Hawk

広域、長時間のデジタルスキャンを実現する固定翼型ドローン。航続距離30km以上、滞空時間1時間以上を実現。複数のデータテレメトリ通信デバイスの選択が可能です。

詳しくはこちら
農業用ドローン

OPTiM Agri Drone

搭載カメラのカスタマイズが可能なマルチコプタードローン。アタッチメント1つで生育分析に必要なマルチスペクトルカメラに切り替えることも可能です。

詳しくはこちら

OPTiM Crawler

陸上走行型のドローンで、自動・自律運用ロボットカーと高精度ビジョンコンピューティングを高次元で融合化したシステムです。

詳しくはこちら

固定翼ドローン OPTiM Hawk

農業用ドローン

水産、林業などの上空観察に必要とされる、広域、長時間のデジタルスキャンを実現する固定翼型ドローン。航続距離30km以上、滞空時間1時間以上を実現。複数のデータテレメトリ通信デバイスの選択が可能です。

広範囲・長時間飛行。常に進化する機能

航続1時間&30kmを実現

長距離飛行タイプ 固定翼ドローン「OPTiM Hawk」では、航続1時間&30kmを実現し、広範囲のデジタルスキャンが可能です。

安定した空撮・データ取得

GoProと、機体内引き込み式電子ジンバル搭載により、画像解析に適した安定したデータ取得を実現します。

様々な通信デバイスに対応

オプティム製920MHzテレメトリーシステムを始め様々な広域通信デバイスにも対応可能。

第4次産業革命型水産業をめざす
海苔養殖におけるIoT活用6者間連携協定

農業用ドローン

2017年3月、佐賀県農林水産部、佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合(JF 佐賀有明)、農林中央金庫(JF マリンバンク)、NTT ドコモ、オプティムは「ノリ養殖業におけるIoT・AI・Robot(ロボット)活用を行う6者間連携協定」を締結しました。本連携協定は、行政、大学、漁協、金融、通信、ITと各分野の知見を統合し、ノリ養殖の品質および収量の向上と安定化、病害対策、海苔漁家の作業軽減などの課題解決に貢献することを目的としています。

関連情報

6者間連携協定

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

マルチコプター OPTiM Agri Drone

農業用ドローン

オプティム独自設計フレームにより、実作業に必要な様々なカメラでの撮像を可能にしたマルチコプタードローン。高いカスタマイズ性とメンテナンス性を両立。

高いカスタマイズ性を備えた機能

農業用ドローン

ピンポイント農薬散布

ウェイポイントによる自動飛行、またカスタマイズにより撮像用カメラのみならず広域通信ユニット、ピンポイント農薬散布機などを搭載可能

複数の画像解析方式に対応

電子ジンバルに対応し、各種アクションカムやマルチスペクトルカメラなど様々なカメラデバイスを装着可能にし、複数の画像解析方式に対応

農業用ドローン

様々な通信デバイスに対応

オプティム製920MHzテレメトリーシステムを始め様々な広域通信デバイスにも対応可能。

佐賀平野の豊かな土壌への取り組み
シギの恩返し米プロジェクト

「シギの恩返し米」とは、佐賀市東与賀町で豊かな自然環境を米のブランド化につなげようとするプロジェクトで、湿地に飛来するシギがミミズなどの餌を食べる環境をつくり、豊かな土壌をアピールする取り組みです。
そのため、佐賀平野の物質循環のメカニズムを分析・評価し、それらをモニタリング・管理するためにドローンを活用。農林水産業、生活排水、河川などにIT技術を総合的に導入する予定です。

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

陸上走行型ロボット OPTiM Crawler

農地やハウス内の生育管理を高効率化する、陸上走行型ドローン。生育観測が可能な様々なカメラデバイスを搭載し、自動・自律運用ロボットカーと高精度ビジョンコンピューティングを高次元で融合化したシステムです。

自律運用と高精度ビジョンを融合した機能

ウェイポイント自動走行

屋外にてGPSによるウェイポイント自動走行、屋内ライントレーサーによる自動走行が可能です。

安定した撮像を実現

電子ジンバル対応、相対重要ウェイトジンバル、テレスコピックジンバルを搭載し、走行路面の影響を可能な限り排除し安定した撮像を実現。

本体内にて、画像認識

様々なカメラデバイス搭載が可能。AIエッジコンピュータ機能を搭載可能にし、本体内にて画像認識を行うことも可能です。

「OPTiM Crawler」で画像データを解析して
収穫可能数や収穫適期を予測

「陸上走行型ロボット OPTiM Crawler」の両側面にスマートフォンを設置して栽培エリアを走行し、連続撮影した映像をクラウドに送信。それらをOPTiM Cloud IoT OSで解析。実の色、形状から熟度を分析し集計、また葉の色、形状から病害虫を検知します。さらに圃場をエリア分けし、収穫可能数の分布状況や病害虫の検知状況を可視化して、収穫適期を予測します。

関連情報

Agri House Manager

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

関連サイト一覧

Agri Field Manager

ドローンやスマートフォンで撮影した、圃場や農作物の映像および画像を、AI(人工知能)を用いて分析し、効果的に作物の生育管理をするプラットフォーム。

詳しくはこちら

Agri House Manager

ハウス内に設置された大量センサーの多変 量解析と、クローラーの両側面に設置した スマートフォンで連続撮影した位置情報を 含む画像データの解析から、トマト収量予 測(個数カウント、収穫適期)を実施。

詳しくはこちら

Agri Assistant

自動音声入力(イヤラブル対応)により、簡単に農作業記録を実践。GAP取得に必要な農作業情報をスマートフォンやタブレット、パソコン、どこからでも共有・確認が可能です。

詳しくはこちら