Menu

農地調査支援サービス

Digital Earth Scanning

農地利用、被災確認は空から調査する時代へ

Digital Earth Scanningの特長

広範囲の作付け状況をデジタル化

広範囲の作付け状況を
デジタル化

画像を⾃動でオルソ化しポリゴンデータへ

画像を⾃動でオルソ化し
ポリゴンデータへ

AIが作付け状況を自動解析

AIが作付け状況を
自動解析

基本特許技術

衛星画像、航空写真・ドローンによる画像などさまざまな画像データからAIを⽤いて⾃動的に農地利用状況を分析。
⼀筆当たりの農地利用確認にかかる時間は⼤幅に低減され、確認コストを大幅に低減することが可能です。
また農地確認AIを活用し、筆ポリゴンを自動生成することも実現しています。

特許:
航空写真を解析し、土地の利用状況を判定する特許

佐賀県白石町における
作業時間短縮の実績

従来の作付確認時間

118

述べ時間

デジタルアーススキャニング

5述べ時間

営農計画書により申請があった作物を、現地で目視による作付け確認を行った場合、白石町全域の
水田の作付確認に実績で約118延べ時間程度を要していました。
固定翼型ドローンを用いて上空から撮影することで広範囲の情報を取得することができ、
町職員の現地確認に係る作業を5時間程度に削減いたしました。

「平成30年度 経営所得安定対策等推進業務効率化モデル事業」にて当社がまとめたレポートより抜粋

スキャニングデータの実例

1

ドローンを使いデジタル化

佐賀県白石町 デジタル化

2

作付け確認をAIを用いて効率化

佐賀県白石町 AIによって主要作物の作付け箇所を解析

佐賀県白石町「平成30年度 経営所得安定対策等推進業務効率化モデル事業」の一環として実施

1

ドローンを使いデジタル化

佐賀県佐賀市 農水省プロジェクト デジタル化

2

作付け確認をAIを用いて効率化

佐賀県佐賀市 農水省プロジェクト AIによって主要作物の作付け箇所を解析

佐賀県佐賀市「平成30年度戦略的プロジェクト研究推進事業
(ドローン等を活用した農地・作物情報の広域収集・可視化及び利活用技術の開発)」の一環として実施

Digital Earth Scanningへの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ