Menu

先端プロジェクト

肥料をピンポイントでまく事で
⽶の品質を
向上し⽣産コストの
削減も実現

新潟県 農業総合研究所

米の美味しさ(食味)を決める
タンパク質含有率の
均一化を目指す

米の美味しさを決める要素

アミロース タンパク質含有率 水分

⼀般的に⽶の⾷味は「アミロース」「タンパク質含有率」「⽔分」で決まります。
タンパク質含率は栽培期間の追肥管理が大きく影響するため、ドローンで⽣育ムラを測定し、
必要な箇所に必要な量だけ追肥を実施することで、⽬標のタンパク質含有率の実現を⽬指します。

ピンポイント散布テクノロジーを
応用した追肥

ピンポイント散布テクノロジーを応用した追肥

これまでの追肥体系では、生育がよく、すでに十分な窒素含有量となっている農作物に対しても
一斉に追肥が実施されている状況がありました。
そこで農地の植物活性度をドローンセンシングによりヒートマップ化する事で、追肥の要否や量を正確に算出し、
ドローンでピンポイントに追肥することで、生育の均⼀化を実現します。

ピンポイント追肥の運用フロー

1

追肥時期に”あるべきNDVI値”を計算

追肥時期に”あるべき
NDVI値”を計算

2

NDVIマッピング

NDVI
マッピング

追肥時期に圃場をドローンで空撮しマッピング

4

圃場管理システムでモニタリング

圃場管理システムで
モニタリング

3

必要箇所にピンポイント施肥(可変施肥)

必要箇所にピンポイント施肥
(可変施肥)

ピンポイント追肥による
品質向上効果

整粒率 死米率 未熟粒率 玄米たんぱく含有率

ピンポイント追肥を実施した区画に関し、コメの精米歩合に影響を与える
「整粒率」、「死米率」、「未熟粒率」が無施肥区と比べ有意に改善が見られました。
またピンポイント追肥区の「玄米タンパク含有率」を6.0%以下に抑えることができました。

生産コストの削減

ピンポイント追肥テクノロジーを導入することで肥料費を削減でき、
米生産全体のコストダウンが可能になります。

平成30年度の米生産における主要項目の費用割合 (10a辺り) 1ha当たりの肥料代

出典:平成30年度米生産費(農林水産省)

先端プロジェクトへの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ