営農支援サービス

Agri Assistant

音声で農作業記録をとったり、その状況を管理者と作業者が共有したりすることができる農作業負荷の軽減を実現する支援サービスです。さらにイヤラブルデバイスを活用することで、ハンズフリーでアプリの操作やリアルタイムでの農作業記録を実施することも可能です。

Agri Assistant

JGAP対応帳票が作成可能

JGAP取得に必要な農作業記録帳票を追加機能なしで作成可能です。
またGGAPにも対応済みです。

ハンズフリーで音声入力

音声でアプリを操作、記録を入力することで、農作業を妨げることなく効率的に農作業記録を簡単に行うことが可能です。

農作業計画を簡単記録

農作業の年間スケジュールから日々の農作業記録をテキストで記録・管理。データを蓄積してノウハウと技術伝承につなげます。

日本GAP協会推奨システム

スマートデバイスやパソコンでどこからでも共有・確認することができる農作業記録システム。日本GAP協会より、JGAP推奨システムとして認定。

肥料・農薬のデータベースは独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)と連携済み 日本GAP協会が推奨する農場管理システム一覧はこちら

高度な技術で高品質な農作物を提供する機能

病害管理

発生予察情報の利用などにより病害虫の発生状況を把握した上での防除を実施。

  • ドローン空撮画像から病害虫の発生予測
  • 病害情報の自動取り込み

農薬管理

無登録農薬及び無登録農薬の疑いのある資材の使用禁止。農薬の使用残が発生しないように必要な量だけを秤量して散布液を調整。

  • バーコード読み取り
  • 自動DB参照
  • 薬残量取得

情報の記録・保管

圃場の位置、面積等に係る記録の作成、農薬または肥料の使用、出荷に関する情報を記録します。

  • 音声入力/作業記録/画像
  • オフライン記録

AI作業支援

Agri Manager連携

施肥管理(土壌管理)

グローバルコールドチェーンで輸出作物を自動でロギング常時情報化した動向把握を実現

国内最大規模での生育履歴ビッグデータの活用事例として、農林水産省が助成金を出しているプロジェクト「グローバルコールドチェーン」では、輸出作物の生産履歴、流通履歴、検疫情報をAGRIアシスタントを使用して自動でロギング。輸出作物の動向を常時管理して情報化。動向把握を実現しています。これによって、発注から納品のタイムラグを短縮、生産情報や納品の管理、消費者ニーズの把握、品質の保証、公的制度や検疫・病害虫などについての情報発信が可能になります。

OPTiMは、AI・IoT・ビッグデータを活用して
“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現します。

お問い合わせ

関連サイト一覧

Agri Field Manager

ドローンやスマートフォンで撮影した圃場や農作物の画像を、AIを用いて分析し異常検知箇所を表示、作物の効果的な生育管理を可能にするサービスです。

詳しくはこちら

Agri House Manager

ハウス内に設置された大量センサーの多変量解析と、スマートフォンで撮影した動画データの解析から、作物の収量(個数カウント)・収穫期予測、病害虫リスクの診断を可能にするサービスです。

詳しくはこちら

OPTiM Drone

位置情報を含む分析用の画像データ収集を効率的に行う為「固定翼ドローン OPTiM Hawk」「マルチコプタードローン OPTiM Agri Drone」「陸上走行型ロボット OPTiM Crawler」を提供。

詳しくはこちら